日常生活も楽になる!膣の引き締め効果で不安要素を改善

ウーマン
女の人

インナーマッスルの鍛え方

インナーマッスルを鍛えることで、膣の周りの筋力がアップして膣圧が上がります。そうすれば膣の引き締めが強くなり、女性にとって沢山の嬉しい効果があります。下半身太り解消のためにも、インナーマッスルを鍛えることをお勧めします。

お尻

悩みの解消トレーニング

人には相談しにくい、産後の膣のゆるみに悩む女性はたくさんいます。尿もれなどの悩みを誰にも相談できないことが多いです。空いた時間でいつでも簡単に膣の引き締めトレーニングをすることで、効果が期待できます。

ゆるみの原因を知ろう

ヒップ

膣がゆるいことをコンプレックスにしている女性が多いです。しかしながら、これは実際には膣の圧力を測定しみてみないとゆるいかどうかはわかりません。まずは膣圧をチェックすることから始めましょう。これは恋人に聞くよりも病院に行って膣圧計で図ることをおすすめします。恥ずかしくて病院に行けないという人には指を2本挿入して引き締めたときに指が引き締められる感じがあれば問題ありません。若い女性であれば普通の暮らしをしていると膣圧が低くなることはありません。しかしながら、出産を経験すると胎児を出しますので、そのダメージを受けてゆるくなる傾向があるのです。また、加齢によって周囲の筋肉が衰えてしまうこともゆるくなることの原因の1つです。

膣の引き締める力はトレーニングすることで強化することができます。このトレーニングはいつでもどこでも行うことが可能です。まず立った状態で脚を肩幅程度まで広げます。身体の力を抜いてリラックスしてから息を吸いながら肛門を締めるようなイメージで力を入れましょう。そうすると膣の引き締める力が鍛えられます。これを5秒間維持します。これを数回繰り返すだけでいいです。これがスタンダップ方式です。一方、椅子に座った状態で行うときには、坐骨を椅子に垂直に立てるようにして座りましょう。肛門ではなくおへその下に力を入れて同じように引き締めます。膣の筋力トレーングになるだけでなく生理痛の改善にも効果があります。1日3分程度で構いません。